タグ別アーカイブ: プラセンタは更年期

プラセンタってなに?どんな効果があるの?

プラセンタってなに?

プラセンタプラセンタとは胎盤のことです。たった一つの受精卵が胎児へと成長するのは胎盤のおかげです。

胎盤は胎児に送る栄養素の供給元として豊富なアミノ酸に加えて成長因子(グロースファクター)が含まれており、また免疫機能も併せ持つため万能の臓器と呼ばれています。胎盤は古代ギリシャのヒポクラテスや始皇帝の時代から不老長寿の薬として服用されてきました。動物が出産後に胎盤を食べて体力を取り戻そうとするのは有名な話ですね。
そのプラセンタの力をギュット凝縮したものがプラセンタサプリメントです。

 

プラセンタサプリの3つの効果

POINT1 肌のハリやツヤがよくなります。
プラセンタは肌のハリにいいプラセンタに含まれる成長因子の一つであるFGF(線維芽細胞増殖因子)が肌組織を修復します。また、EGF(上皮細胞増殖因子)が肌細胞産生を促します。これによって、肌のハリやツヤがアップすることが期待できます。

成長因子についてさらに詳しく≫≫プラセンタの成長因子(グロースファクター)って何?

 

 

POINT2 活性酸素除去作用によって身体の中から若返ります。
プラセンタは活性酸素除去プラセンタ原末には、ビタミンE、Cに勝る強い抗酸化力があるため老化の原因である活性酸素を抑制します。最新のアンチエイジングの研究では、活性酸素の活動を抑制することは老化防止につながることが証明されています。プラセンタの抗酸化作用が老化防止に大きな効果を発揮します。

 

 

 

 

POINT3 疲れが取れます。
プラセンタは疲れに効くプラセンタに含まれる豊富な必須アミノ酸・ビタミン・糖質が身体の疲れを緩和します。プラセンタには特に身体の代謝機能の最重要ポイントである肝臓の働きを助ける効果もあるため、身体的な疲れと共に身体内部の疲れも取る力があるのです。ホルモンバランスを整える力も存在し、女性特有の悩みに効果を発揮します。

 

 

 

プラセンタにはこのほかにも多くの薬理作用が確認されています。

例えば、更年期障害における臨床例では1262件に対して 有効率78%という結果が残されています。また、自律神経失調症における臨床例では1342件に対して 有効率81%という共に高い結果が残されているのです。

次のページ≫≫プラセンタの成長因子(グロースファクター)って何?

人気のページ≫≫2016年に一番売れているプラセンタ Tp200の口コミ