タグ別アーカイブ: プラセンタグロースファクター

プラセンタの成長因子(グロースファクター)って何?

成長因子(グロースファクター)とは

成長因子とは成長因子は、今世紀に入り多数発見された内因性のタンパク質です。その働きは、特定の細胞の増殖や分化を促進することです。
成長因子は、標的細胞の表面の受容体タンパクに特異的に結合し細胞間のシグナル物質として働いています。
成長因子にはいろいろありますが、EGFやFGFなどの成長因子は、肌を若々しく保つために重要な役割を果たしています。

 

アンチエイジングにプラセンタサプリ

そこで、最近の予防医学・抗老化医療において、シワやたるみなど、肌の老化に対し、血小板注入療法といった、成長因子の働きを利用した治療方法が、美容医療の現場で広く行われています。「クリニックで美容・老化対策を」というのも、十年ほど前に比べると、随分あたり前のようになってきましたが、まだまだ高価で特別な思いを持つ方も少なくありません。
そこで、こういった最先端の医療技術の恩恵を、もっと多くの人々に、もっと手軽に受けてもらえるように考えられたのが、プラセンタサプリなのです。
成長因子の働きに着目した先進的なエイジングケアがプラセンタサプリといえます。

プラセンタの口コミ 成長因子

プラセンタに含まれる成長因子の種類

成長因子は自然界の中では、動物性のプラセンタにしか含まれていません。
プラセンタに含まれる主な成長因子は次の次の通りです。

EGF(上皮細胞増殖因子)
表皮の充実、キメ整う、新陳代謝促進 皮膚・肺・角膜・気管上皮細胞の増殖
血小板から分泌され、酵素を活性化させることでDNAを合成し、細胞を新生させます。

FGF(繊維芽細胞増殖因子)
真皮の充実、ニキビ跡の修復、ハリ、ツヤ、シワ、透明感 ヒト繊維芽細胞、血管内皮細胞増殖、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン増殖
真皮層のコラーゲンを作る線維芽細胞を増殖させます。また、血管新生にも関係し、bFGFがあると皮膚が若返るといわれています。
最近ではbFGF製剤であるフィブラストというお薬が認可され、重症の皮膚潰瘍や褥創に対し保険適応にもなっています。

NGF(神経細胞増殖因子)
自律神経のバランスを整える 神経細胞(知覚・交感神経接細胞)の増殖更年期障害・うつ・物忘れ・老化等の防止

IGF(インシュリン様成長因子)
関節痛の軽減・リウマチ等軟骨細胞・平滑筋細胞の増殖
成長ホルモンの作用で肝臓から分泌されるタンパク質で、インスリン様作用と神経細胞の成長に関わります。皮膚の再生医療には欠かせない因子です。

HGF(肝細胞増殖因子)
肝臓病の改善肝実質細胞をはじめ、諸組織の増殖免疫力を向上させる成長因子

CSF(免疫担当細胞の顆粒球・マクロファージ等の幹細胞増殖)
 IL-1(T細胞・B細胞・NK細胞等の増殖)
IL-2(ヘルパーT細胞・キラーT細胞・サプレッサーT細胞増殖)
IL-3(造血幹細胞増殖)
IL-4(B細胞の増殖及び抗体産生細胞への分化促進)

このような成長因子がプラセンタサプリとして消化吸収され、肝臓から体全体へ配分されることによりさまざまな効果があらわれるといわれています。
プラセンタサプリメントを選ぶときは、この成長因子が多く含まれている、Tp200母の滴プラセンタEXのような良質なものを選ぶ必要があります。

次のページ≫≫プラセンタの効果で改善された症状