タグ別アーカイブ: プラセンタ慢性腎炎

プラセンタの効果で改善された症状

プラセンタの効果にはさまざまなものがあります。

主なものについてご紹介します。
プラセンタの効果プラセンタについての誤解で一番多いものが、プラセンタはホルモンであるという誤解です。
プラセンタを摂るとホルモンが増えることは事実ですが、プラセンタ=ホルモンではありません。

プラセンタが作用するのは、ホルモンを作り出す器官に対してです。人間の身体に備わったホルモンを作り出す自然な働きを、プラセンタの有効成分が調整してくれるのです。そのため身体に不調があった方で、ホルモンバランスが崩れていた方には効果を発揮しますが、すでにホルモンを作る力を失っている方の場合は全く効果があらわれません。

【主な効果】
1.末梢血管・血行促進作用  毛細血管の血液循環を促進し、血流を増加させる。
2.呼吸促進・細胞賦活作用  細胞や組織の呼吸を促進すると同時に、欠損細胞の回復を促進する。
3.抗炎症作用  紫外線の刺激による炎症や火傷の炎症を抑えると同時に、壊れた組織の修復を促進する。体内における炎症や潰瘍などにも同じ働きをする。
4.肉芽形成促進作用  火傷、損傷、傷、術後の傷、潰瘍、炎症などの回復を早めると同時に、欠損した細胞組織を復元する。
5.活性酸素消去作用  病気を誘発する活性酸素を除去し、酸化を防ぐ。
6.細胞分裂増殖作用  細胞分裂を促し、加齢とともに低下する細胞を再生する作用にすぐれる。
7.血液凝固抑制作用  血液をサラサラにする。
8.鎮痛作用  痛みを抑える。
9.自律神経調整作用 自律神経のバランスを整える
10.内分泌調整作用 内分泌系のバランスを整え・ホルモンバランスを調整する

 

 プラセンタで改善された症状とは

上記のような広範囲の薬理作用から、さまざまな諸症状の改善に効果を発揮しています。

【改善された諸症状】
糖尿病
胃潰瘍
肝臓病
自律神経失調症
更年期障害
腰痛
膝関節症
リウマチ
神経痛
高血圧
慢性腎炎
アトピー性皮膚炎
疲労回復

以上の症状の改善について実際に病院から臨床効果が報告されています。

次のページ≫≫プラセンタはアンチエイジングに最適

人気のページ≫≫2016年4月に一番売れたサプリ Tp200の口コミ