タグ別アーカイブ: ホルモン分泌プラセンタ

女性ホルモンとプラセンタ

女性ホルモンとプラセンタ

女性ホルモンとはそもそも何?

脳などで合成され、血液で特定の臓器に運ばれ、健康維持のための機能を調整するのがホルモンです。いくつも種類がありますが、女性ホルモンはその中の2つを指しています。脳からの指令で卵巣から分泌されるため、「女性」と名前が付いています。

女性の美しさを生み出す物質で、肌や骨、若さを保つ働きが明らかになっています。エストロゲンとプロゲステロンの2種類が女性ホルモンです。女性の一生でティースプーン1杯程度しか分泌されません。

女性ホルモンが減るケースは2つあります。

女性ホルモンが減ってくることで、女性には様々な不調が現われます。女性ホルモンが減る理由は大きく2つに分けられます。脳が卵巣に指令を出さなくなってしまう場合と、卵巣の機能が低下して女性ホルモンを作り出せなくなってしまう場合です。

脳が指令を出さなくなった場合は、卵巣の機能が低下しているわけではありませんから、生産能力は保たれています。

プラセンタで女性ホルモンが生産される?

この場合プラセンタサプリを飲むと内分泌調整作用が働き、脳が指令を正しく出すように改善される場合があります。その結果、女性ホルモンの分泌が正常化され、女性特有の症状が改善します。プラセンタはホルモン物質ではありませんが、脳が出す指令を正しく伝わるように助ける作用があるのです。プラセンタ療法を行う病院では、止まったはずの生理が戻るというケースが報告されています。

プラセンタはホルモンではありません

女性ホルモンを作れなくても

一方、卵巣機能が低下している場合は、女性ホルモンを生産する力自体が衰えていることになりますから、女性ホルモンを作り出して体調を改善することはできません。

しかしこの場合でもプラセンタは役に立ちます。プラセンタのもつ自律神経調整作用が、女性ホルモンの低下によって起こる様々な症状を緩和してくれます。更年期障害でのプラセンタサプリの投与実験で多くの方が症状の緩和を認めています。

女性ホルモンは自律神経と関係します

女性ホルモン、自律神経、免疫系は女性の体を守る重要な3つの働きです。体温維持や心拍維持、消化機能をつかさどる自律神経系は、女性ホルモンや免疫系が不調になると、バランスを崩して不調になってしまいます。

更年期障害でホルモンバランスが崩れると、体が熱くなるホットフラッシュや多汗などの自律神経系の不調が症状となることがあります。これは女性ホルモンと自律神経系の関わりが密接なことの現われです。プラセンタにはこれらに対する薬理効果があるのです。

次のページ≫≫食事と女性ホルモン|強い味方になる4つの食材はコレ