タグ別アーカイブ: 女性ホルモン 食事

食事と女性ホルモン|強い味方になる4つの食材はコレ

女性ホルモンを正常に分泌させるためには、
食生活をきちんとすることが必須となります。
当然、無理なダイエットや過食、拒食はNG。コンビニ食やファーストフードばかりも悪影響が出ます。特にPMS症状が強い方は注意が必要です。

食事と女性ホルモンの関係

活性酸素に注意して!

ポテトチップスを代表とする揚げた食品は、酸化するのが宿命です。そのため活性酸素が大量に含まれてしまいます。活性酸素は体の代謝を低下させ、シミやシワが出来やすい状態になってしまいます。老化が進む原因は活性酸素にあるという研究もあります。

さらに卵巣の細胞に直接ダメージを与え、女性ホルモンの生産が低下することも考えられます。スナック菓子が好きな方はノンフライのものを選んでください。実はプラセンタには活性酸素を除去する効果があります。うまくプラセンタを取ることで活性酸素対策にもなります。最後に有効なサプリをご紹介します。

トランス脂肪酸を控えてください

マーガリン

マーガリンの大量摂取には注意してください。

トランス脂肪酸とは、植物性の油脂から作られる人工的な脂肪酸です。マーガリンが代表的な食べ物です。トランス脂肪酸は摂り過ぎると悪玉コレステロールが増加します。悪玉コレステロールはアレルギーを引き起こしたりPMSの症状をひどくすると言われています。

アメリカではマーガリンにトランス脂肪酸の含有量を表示する義務があります。それだけ摂取量に注意が必要なのです。

ビタミンBとビタミンC

ピーナッツ

ビタミンB6が豊富なピーナッツ

女性は生理前になると血中のビタミンB6の濃度が低下しPMS期のイライラが悪化することがあります。豚肉や魚の赤身、ビーナッツなどにビタミンB6は含まれているので、この時期には特に狙って食べたいところです。

またビタミンCは活性酸素を撃退しますので、エストロゲンの活動が衰えるこの時期に一緒に摂りたいところです。この二つはサプリメントで補給することも出来ますので、忙しくて献立を考える余裕がないときは、ビタミンB6とビタミンCが配合されたサプリメントを選んでください。

迷ったときはコレ。4つの食材を覚えておいて

女性の強い味方になる食材は4つあります。これを覚えておいて、迷ったときには取り入れてください。

まずはバナナ。PMS症状の緩和に効果があると研究されています。そして豆腐。イソフラボンに期待するのではなく、優良なたんぱく質を摂取するのが目的です。またビタミンB6も豊富に含まれています。

3つ目が海草。海草といっても色々あるので、わかめを中心に考えてください。ビタミンとミネラルが豊富なのでホルモンバランスが整えられます。最後がヨーグルトです。ヨーグルトにも種類がたくさんありますが、なるべく糖類を使っていないプレーンのものがいいです。腸内細菌のバランスが整い、免疫力がUPします。免疫力は女性ホルモンの働きをサポートしてくれます。

食事に注意するだけで、驚くほど不調が改善する方もいらっしゃいます。ぜひ試してみてください。

活性酸素を除去するプラセンタはコレです。
当サイトで一番売れているプラセンタサプリです。
≫≫母の滴プラセンタEX

安心してください。副作用はほとんどありません。

 

次のページ≫≫プラセンタの低分子化とペプチドについて